[LIVE REPORT] Girls@原宿アストロホール 2010.1.14



ひとりのミュージシャンが29歳の若さで亡くなった翌日、初来日公演のステージに立った30歳のChristopher Owensは、こんな風に言って「Darling」という曲を演奏しました。

「これは曲を書くっていうことについての歌。僕はこの曲をJay Reatardに捧げる」

16歳の時にカルト教団から脱走したChristopherと、15歳の時に送ったデモ・テープがきっかけでミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせることになったJay Reatard。2人の間には一体どんな違いがあったのだろう、そんなことばかり考えてしまった夜でした。
Continue Reading

[MINI REPORT] Dustin Wong@warszawa 2010.1.11



Max TundraがO-Westで踊りまくるその数時間前、渋谷のレコード・ショップwarszawaでは、以前インタビューにも答えてくれたPonytailのギタリスト、Dustin Wongがインストア・ライヴを行っていました。

オーストラリアでのライヴの帰りに日本に寄ってくれたというDustin。Ponytailではノイジーな爆音ギターを弾いている彼ですが、今回は足元に並べられたエフェクターを駆使して、文字通り七色のギター・インストを奏でていました。時にはリズム・ボックスも交えて次々と表情を変えていくそのエクスペリメンタルなサウンドは、Ponytailというよりもむしろ、彼がメンバーとして参加していたインスト・バンド、Ecstatic Sunshineに近い印象。とにかくギターの音色を切り替えるタイミングが絶妙で、その華麗なエフェクターさばきに、思わず見入ってしまいました。

気になるPonytailの新作も準備に入っているそうなので、楽しみに待ちましょう!

MySpace - Ponytail

[LIVE] Bonnaroo Music Festival Day2 @Manchester, Tennessee, US, Great Stage Park

St.Vincent Annie Clark
 ボナルーレポート二日目です。初日はライブが始まるのも夕方からで、ゆるい前夜祭的な雰囲気でしたが、二日目以降はもう怒濤の豪華ラインナップ、終始あわただしく動き回っていました。特に二日目は計11バンドも観ました。その中でもがっつり観れた7バンドについてレポートします。ちなみに他にはBéla Fleck & Toumani Diabate、Al Green、TV on the Radio、Phishを少しずつ観ました。Kaki King、Animal Collective、Yeah Yeah Yeahs、深夜のGirl Talk他いろんなライブアクトが観れませんでした。出演時間帯のカブり具合が壮絶なのもボナルーの特徴。期間中は葛藤の連続でした…。
Continue Reading

[チャットモンチコン! vol.1 ] OF MONTREAL JAPAN TOUR 2009



今回から始まりました新企画、チャットモンチコン! ブログのコメント欄を使いながら、毎回ひとつのテーマについて、リアルタイムでダラダラと語り合おうというものです。

というわけで、記念すべき第1回となる今夜は、大盛況のうちに幕を閉じたOf Montrealの来日公演について、思う存分語ってください!

注:写真は他公演のものです。