ALBUM OF THE WEEK
*
Turn Out The Lights


Screen Memories



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
[REVIEW] Andy Shauf - The Party
評価:
Anti
(2016-05-20)

パーティーには早過ぎる

ジェレミーはその晩、ひどく酔っていた。

彼がシェリーの瞳に浮かぶ涙を見たら、驚いたことだろう。
彼女は部屋の隅に佇んで、床を見つめていた。
あいつ一体、今度は何をしたっていうんだ?
続きを読む >>
Posted by Monchicon
REVIEWS / 23:55 / comments(0) / trackbacks(0)
[REVIEW] Whitney - Light Upon The Lake
評価:
Secretly Canadian
(2016-06-03)

ナナは愛の言葉

観測史上稀に見る寒さを記録した2014年の冬のシカゴで、Smith WesternsのギタリストだったMax Kakacekと、同じくSmith Westernsのドラマーで、Unknown Mortal OrchestraのメンバーだったこともあるJulien Ehrlichは、途方に暮れていた。2人とも恋人にフラれたばかりで、おまけに住む場所を追い出され、ホームレス同然だったのだ。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
REVIEWS / 00:00 / comments(0) / trackbacks(0)
Peter J. Brant - FAÇADES
評価:
R.C. Legacy Records
(2015-11-13)

一瞬「Jad Fair?」と見紛うようなジャケットの脱力系イラストが目を惹く本作。Jad Fairといえば、近年はDeerhoofのギタリストであるJohn Dieterichとのコラボ作品が続いているが、本作のミックスを手掛けているのはDeerhoofの元メンバーだったChris Cohenで、一体どんなアルバムなのかと思って再生してみると、何やら聴き覚えのある声が飛び込んでくる。

どうやら本作は、SolangeWar On Drugsのミュージック・ビデオを手掛ける映像作家であり、Ben and Bruno名義でも活動していたPeter J. Brantの楽曲を、カナダのシンガー・ソングライターであるNicholas Krgovichと一緒に歌ったアルバムのようなのだ。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
REVIEWS / 02:45 / comments(0) / trackbacks(0)
Jim O'Rourke - Simple Songs
評価:
Drag City
(2015-05-19)

グッド・タイミング

前作『The Visitor』の余韻がきらびやかに舞うステレオ空間に、新しく聴こえてくる音とともに何者かの影が近づいてくる。陰影法でミラー・ボールが消えてゆく。これは西部劇の決闘の描写? なんて思っているうちに突然、馬に乗ったBuckingham Nicksに不意打ちされる。砂混じりの視界のなか、「Nice to see you once again (また会えて嬉しいよ)」の言葉が耳元をかすめる。

新譜『Simple Songs』はそんな風に始まる。ごく基本的な快楽への欲求に根ざしたと思われる、非常に複雑にアレンジされた曲の数々。蛍光深緑色のカーディガンを着ているのは誰? ピーター・フォーク? これは一体どんな音楽なんだろうか。陰影法ロック?
続きを読む >>
Posted by Daniel Kwon
REVIEWS / 20:11 / comments(0) / trackbacks(0)
Courtney Barnett - Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit
ペンは剣よりも強し

まずはアルバムの冒頭を飾る「Elevator Operator」の、巧みな語り口に驚かされる。

20歳にして社畜の青年オリバー・ポールと、ハイヒールを履いてヘビ革の鞄をぶら下げ、香水の臭いを撒き散らす中年女性。青年に同情した女性は後で強烈なしっぺ返しを食らうことになるのだが、性別も年齢も身分も違う2人の主従関係が1台のエレベーターの中で逆転するというこの曲は、エレベーターと人生のアップダウンを皮肉たっぷりに対比させていて、思わず唸らずにはいられない。
続きを読む >>
Posted by 清水祐也
REVIEWS / 14:30 / comments(0) / trackbacks(0)
Weyes Blood - The Innocents
評価:
Mexican Summer
(2014-10-21)

賢い血

Greatest HitsやRaw Thrillsとして活躍するZak Meringの妹であり、Jackie-O Motherfuckerの元メンバーであり、Ariel Pink's Haunted Graffitiの『Mature Themes』にもコーラスで参加していたWeyes BloodことNatalie Mering。

彼女に興味を持ったのは、Sufjan Stevensも同名の曲を書いた『善人はなかなかいない(A Good Man Is Hard To Find)』などで知られる作家、フラナリー・オコナーの小説『賢い血(Wise Blood)』を連想させる名前だったからなのだが、今度の新作のタイトルはヘンリー・ジェイムス原作の映画と同じ『回転(The Innocents)』だと言うのだから、その徹底ぶりには恐れ入ったと言うしかない。
続きを読む >>
Posted by 清水祐也
REVIEWS / 00:12 / comments(0) / trackbacks(0)
Real Estate - Atlas
評価:
Domino
(2014-03-04)

Springtime Blues

ずっと変わらないままでいること、そしてそんな自分を表現し続けるということは、無限に選択肢が増えた現在、極端に変化することよりも実はよっぽど難しいんじゃないだろか。そういう意味でいえば、Real Estateの変わらなさはもはや至高の芸だ。シカゴにあるWilcoのスタジオで録音されたという通算3作目となるこの新作でも、前情報からベタに思い浮かぶ「オルタナ・カントリー」への傾倒などはあくまで見せない。基本的には以前と変わらない“洗練”と“いなたさ”が同居する「日陰の小道散歩」系のギター・ポップを実直に鳴らしている。
続きを読む >>
Posted by 佐藤一道
REVIEWS / 02:02 / comments(0) / trackbacks(0)
Juan Wauters - N.A.P. North American Poetry
評価:
Captured Tracks Rec.
(2014-02-04)

アメリカの上半身

ブラジルのコルコバードの丘にある巨大なキリスト像と、その下に佇む、ダサめのグラサンをかけた上半身裸の男。出稼ぎをしていた父親を頼って、2002年に生まれ故郷のウルグアイからニューヨークへとやってきたというJuan Wautersは、クイーンズを拠点に活動するポップ・パンク・バンド、The Beetsのメンバーだ。そんな彼の初めてのソロ・アルバムが本作だが、『N.A.P. North American Poetry(北アメリカの詩)』と銘打っているわりには、辺境サイケ・フォークのようなガット・ギターの弾き語りが大半を占め、これまでで最も南米色の強い作品になっている。
続きを読む >>
Posted by 清水祐也
REVIEWS / 23:25 / comments(0) / trackbacks(0)
Destroyer - Five Spanish Songs
評価:
Merge Records
(2013-11-25)

さよならアメリカ

2011年の『Kaputt』でサックスが奏でるメロウなブロウによって擬似80年代欧州ロマン(もしくはここ20年ほどのロックの文脈では「なかったこと」にされてきた「大人の音楽」)を追体験させてくれたDan Bajer率いるDestroyerの新作5曲入りEPはなんと全曲カヴァー、しかもタイトル通り全編スペイン語という驚きのヒネリ技。本人は英語に飽きちゃってさみたいなことを言ってるけど、コレ、なかなかに人を食ったやり方だと思う。日本に置き換えたらBeckがはっぴいえんどの曲を日本語そのままで歌っているようなものなのでは(もしくは「Jim O'rourkeの演歌」に近いか)。
続きを読む >>
Posted by 佐藤一道
REVIEWS / 13:09 / comments(0) / trackbacks(0)
Matt Duncan - Soft Times
評価:
HOP HOP
(2013-01-15)

人生はソフト

Owen Pallettも一目置くヴァイオリン奏者、C. Spencer Yeh率いるドローン・ノイズ・ユニットBurning Star Coreのメンバーであり、Real EstatePeaking LightsGary WarOneohtrix Point Neverといったアーティストのカヴァー・アートを手掛けているRobert Beattyは、そのサイケデリックな色彩感覚と記名性の高さにおいて、まさに現代のRoger Deanとも言える存在だ。

ケンタッキー州のシンガー・ソングライター、Matt Duncanのファースト・アルバムも、そんなRobert Beattyの作品を追っているうちに見つけたものだが、彼が手掛けた他の作品のようなサウンドを期待して聴いた人たちは、きっと肩透かしを食らうことだろう。なぜならここで繰り広げられているのは、Steely DanBilly Joelを思わせる、70年代のA(&)Mポップスなのだから。
続きを読む >>
Posted by 清水祐也
REVIEWS / 14:21 / comments(0) / trackbacks(0)