ALBUM OF THE WEEK
*
In Mind


Hot Thoughts



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
[CROSS TALK] LOW×ROTH BART BARON


最新作となる『Ones and Sixes』を先月Sub Popからリリースした3人組ロック・バンド、Low。KramerやSteve Albini、Dave Fridmannなど、常にその時代を象徴するプロデューサーたちを起用してきた彼らだが、WilcoのJeff Tweedyがプロデュースした前作『The Invisible Way』に続く本作では、Bon IverことJustin Vernonの所有するスタジオ、April Baseでのレコーディングを敢行。ドラム・マシーンなどを導入した、ダークでエレクトロニックなサウンドに挑戦している。

そんな彼らをリスペクトするのが、モントリオールのHotel2Tangoでレコーディングされた新作『ATOM』をリリースしたばかりの日本のバンド、ROTH BART BARON。昨年のUSツアー中に偶然Lowのインストア・ライブに遭遇したというヴォーカルの三船雅也からの質問に、フロントマンのAlan Sparhawkが答えてくれた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 20:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Battles


NYのポスト・ロック・バンドBattlesの新作『La Di Da Di』ほど、形容に困ってしまうアルバムもないだろう。4人のゲスト・ヴォーカリストを迎えた前作『Gloss Drop』から一転、全曲インストとなった本作は、初期の音楽性に回帰したようでありながら、どこかユーモアの漂う奇妙な作品になっているのだ。

もしかしたらその“異物感”をもっとも的確に表しているのは、超絶技巧を誇るIan Williamsのギターでも、John Stanierのドラムでもなく、“Battles第三の男”、Dave Konopkaの手掛けたアートワークなのかもしれない。

そう思ってBattlesの来日公演を11月に控えたDaveにインタビューを試みたのだが、そういえば先日、海外の『Rolling Stone』誌のインタビューで「バナナとスイカからはどんな子孫が生まれるんですか?」と訊かれた彼が、こんな風に答えていたのが印象的だった。

「……たぶんキウイ?」
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 16:25 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Kurt Vile

photo by Marina Chavez

モハーヴェ砂漠とコロラド砂漠に囲まれた、カリフォルニア州ジョシュア・ツリー。マリのロック・バンド、Tinariwenに誘われてこの地を訪れたKurt Vileは、その数日後、同じ場所で自身のアルバムをレコーディングすることになる。こうして完成した新作『b'lieve I'm goin down...』は、前作『Wakin' On A Pretty Day』で見せた70年代ウェスト・コースト・ロックへのアプローチを、さらに推し進めた作品だ。

先日ソロ作のリリースを発表したWarpaintのJenny Lee Lindbergも参加した本作について、ロンドンに滞在中のKurtに電話で話を聞いてみた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 16:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] The Yours


香港で活動するオルタナティヴ・ロック・バンドThe Yoursが、9月25(金)の福岡Uteroを皮切りに、大阪Conpass、東京3公演と1週間5本のライヴで駆け抜ける怒涛の初来日公演がスタートします!

The Yoursの楽曲はすべて英語で歌われており、90年代のオルタナティヴ・ロックとシューゲイザーなどを消化したデビュー・アルバム『The Way We Were』、よりソリッドかつヘヴィなポスト・パンク・サウンドへシフトした2作目『The Way We Were』と、すでに2枚のアルバムを発表。日本でも早耳なインディ・ロック・ファンの間で好評を得ています。

そこで来日間近となったThe Yoursへ、バンドやアルバムのこと、ファッションについて(メンバー2人は香港のファッション業界で働いている)、日本のことなどいろいろ聞いてみました! 今回はもう1組、David Boringという香港の新鋭バンドも一緒に来日しますので、香港バンドのショーケースとしても楽しめそうですね!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 22:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Beach House

photo by Shawn Brackbill

前作『Bloom』がビルボード初登場7位を記録し、その楽曲がThe WeekndKendrick Lamarにサンプリングされるなど、一気に飛躍を遂げたボルチモアの男女2人組ドリーム・ポップ・バンド、Beach House

3年ぶりの新作となる『Depression Cherry』は、そんな彼らが“一切の商業的な文脈を無視して、自分たちなりの進化を突き詰めた”と語る力作だ。

まさに現代の神話ともいえるこの2人組から届けられた“禁断の果実”について、作曲家ミシェル・ルグランの姪であり、先日公開された映画『ディアボリカル』のアリステア・ルグラン監督の姉でもあるヴォーカルのVictoria Legrandが語ってくれた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 16:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] A Place To Bury Strangers

Photo by Dusdin Condren

緊急警報! 緊急警報! “ニューヨークで最もラウドなバンド”の異名を持つノイズ・ロック・バンドA Place To Bury Strangersが初来日、今週8月26日(水)に、渋谷O-Nestでギターウルフと一夜限りの爆音対決を繰り広げます!

フロントマンのOliver Ackermannは、Nine Inch NailsFlaming Lipsといったバンド御用達のエフェクト・ペダル会社Death By Audioの創設者であり、昨年11月に惜しまれつつもクローズした同名イベントスペースを運営していた、ブルックリン・シーンの重要人物。

そこで今回はそんなOliverが、来日公演への意気込みを語ってくれました。鼓膜が破れないよう、気をつけて会場へお越しください!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 00:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Unknown Mortal Orchestra


ニュージーランド出身で、現在はアメリカのポートランド在住のRuban Nielson率いるサイケデリック・ロック・バンド、Unknown Mortal Orchestra

彼らの最新作となる『Multi-Love』は、Rubanが日本で出会ったミステリアスなオーストラリア人女性と、そんな彼女を自宅に招いて共同生活することになったRuban夫妻との、奇妙な三角関係を描いたものだ。

ソウル〜ファンク色を増したアルバムについて、そしてニュージーランドのサイケデリック・ポップについて、Rubanにメールで話を聞いてみた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 15:21 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Faith Healer


Mac DeMarcoSean Nicholas Savageなど、近年ユニークな才能を輩出しているカナダ西部の町エドモントン。この度アルバム『Cosmic Troubles』の日本盤をリリースしたFaith HealerことJessica Jalbertも、そんな町の出身だ。

一昨年のデビュー作『Sugarglider』が話題を呼んだRenny Wilson(先日Burger RecordsからアルバムをリリースしたMichael Raultの従兄弟)がプロデュースを手掛けたこのアルバムや、エドモントンの音楽シーンについて、JessicaとRennyの2人が答えてくれた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 15:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Braids


昨年1月に初来日を果たしたカナダの男女デュオ、Blue Hawaii。その片割れでもあるRaphaelle Standell-Preston率いるバンドBraidsが、7月に待望のジャパン・ツアーを行う。

4月にリリースされた最新作『Deep in the Iris』は、生楽器とエレクトロニクスを巧みに融合させたサウンドもさることながら、ポルノや女性差別、虐待といった難しい題材に正面から挑んだ歌詞が印象的だ。なかでも、恋多き女性が“雌犬”や“あばずれ”といった不名誉な烙印を押されるのに対し、男性は“カサノヴァ”や“ロサリオ”など、まるで英雄のように呼ばれることについて疑問を投げ掛けた「Miniskirt」は、大きな反響を呼んでいる。

夏フェスでの来日が決まっているMax CooperJon Hopkinsなど、国外の電子音楽家たちからもラヴコールを受けるRaphaelleが、新作やカナダの音楽シーンについて語ってくれた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 18:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Little Wings


Real EstateFeistなど、ミュージシャンのファンが多いことでも知られるアメリカ西海岸のシンガー・ソングライター、Little WingsことKyle Field。Woodsist移籍第1弾となる新作『Explains』のリリースも控える彼のジャパン・ツアーが、来週22日からスタートします。

それに先駆けて、最近はサーファーからも人気を集めている(?)というKyleに、簡単なインタビューを行いました。この髭と音楽にピンと来た方は、ぜひお近くの会場へ!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 23:41 / comments(0) / trackbacks(0)