ALBUM OF THE WEEK
*
They Sell Doomsday


Ken



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
[INTERVIEW] Chris Cohen


今年の5月、Fleet Foxesが5年ぶりの復活ライブのフロント・アクトに指名したのが、元Deerhoofのギタリスト、Chris Cohenだ。

A&Mレコーズの重役だった父親と、ブロードウェイ女優だった母親のもとにロサンゼルスで生まれたChrisは、3歳からドラムを叩き始め、11歳になると、夏休みで家を留守にしていた姉のギターを借りて弾き始めるようになる。高校時代には、当時組んでいたバンドのドラマーで、Redd Kross〜Love DollsのメンバーだったJanet Housedenからの紹介で、『1991 The Year Punk Broke』で知られるDave Markeyが監督したSonic Youth「Cinderella's Big Score」のミュージック・ビデオに出演。2000年頃からは自身のバンド、Curtainsでの活動を始めている。

そんなChrisは、友人のJohn Deitrichが在籍していたDeerhoofに加入すると、2003年の『Apple O'』、2004年の『Milk Man』、2005年の『Runners Four』という3枚の傑作アルバムに参加し、バンドを脱退。CurtainsのメンバーだったNedelle Torrisiとの新バンド、Cryptacizeを結成し、Sufjan Stevensの主宰するAsthmatic Kittyに、2枚のアルバムを残している。

その後ヴァーモントに移住し、農場で働きながら暮らしていたというクリスがすべての楽器を演奏したファースト・ソロ・アルバム『Overgrown Path』は、Mac DeMarcoやWild Nothingを擁するニューヨークのキャプチャード・トラックスからリリースされると、Teenage FanclubのGerard Loveが、「僕らの世代の『Odessey & Oracle』だ」と手放しで絶賛。収録曲「Heartbeat」をフェイヴァリットに挙げるFleet FoxesのRobin PecknoldはChrisのステージにゲスト出演し、デュエットまで実現することになった。

ソロ活動の他にも、Ariel Pink、Cass McCombs、Nicholas Krgovich、Tara Jane O'neilらの作品に参加し、Weyes BloodやEZTVのアルバムでプロデュースを手掛けるなど、まさに現在のインディー・ロックにおけるキーマンとも言えるChris Cohenが、昨年のセカンド・アルバム『As If Apart』を携えて、ついに待望の来日を果たす。今回のツアーには、昨年Real EstateのMatt Mondanileのバンド、Ducktailsのメンバーとして来日したRegal DegalのJosh Da Costaと、Black KeysのキーボーディストでもあるJohn Woodも帯同。空から降る雨が雪に変わる、そんな魔法のような瞬間を、どうか見逃さないでほしい。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 22:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Real Estate × シャムキャッツ


今年の3月にリリースされた最新作『In Mind』を携えてフジロックフェスティバルに出演、小雨の降るなか素晴らしい演奏を聴かせてくれたReal Estateが、会場に遊びに来ていた日本のバンド、シャムキャッツのメンバーとご対面!

というわけで、かたやニュージャージー、かたや浦安という郊外出身で、デビューも同じ2009年、ギタリストがメガネと共通点も多いシャムキャッツからの質問を交えつつ、ヴォーカルのMartin Courtneyに話を聞いてみました。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 09:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Broken Social Scene


2010年の『Forgiveness Rock Record』を最後にリリースが途絶えていたカナダの大人数ロック・コレクティヴ、Broken Social Scene。そんな彼らを動かしたのは、リーダーのKevin Drewからの一本の電話だったという。今年の3月に突如として公開された新曲「Halfway Home」で、彼はこんな風に歌っている。

 Dreams change and I know that I'm gonna die
 夢は変わってしまって、自分が死にそうなのもわかってる


その言葉通り、前作以降多くのロック・バンドが解散し、活動休止を余儀なくされてきた。だがそんな運命に抗うかのように、Broken Social Sceneの7年ぶりの新作となる『Hug of Thunder』には、FeistStarsのAmy Millan、MetricのEmily Hainesといった歴代女性ヴォーカリストたちを含む、過去の参加メンバーたちが集結。スクラムを組んで行進するかのような力強い楽曲が並んだアルバムについて、中心メンバーのBrendan Canningが答えてくれた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 21:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[REVIEW] Waxahatchee - Out In The Storm

間違ってなかった

今から5年前、当時生活していたアラバマ州中部を流れる小川にちなんで自身の活動名を名付けた少女は、かつてPitchforkのインタビューで自身の創作について以下のように答えている。

「私にとって歌詞を書く唯一の方法は、他人の事を全く考えないことなの。自分自身の事だけを書いて、他人がそれをどう受け止めるかなんて気にしない。全てが本当の事だから、必然的に人に伝えるべきものになるわ」
続きを読む >>
Posted by 山岡弘明
REVIEWS / 19:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Patience (Roxanne Clifford of Veronica Falls)

photo:Brian Guido


ロンドンを拠点に活動していたギター・ポップ・バンドVeronica Fallsが活動をストップし、メンバーがそれぞれ違う道を歩み始める中、フロントウーマンであるRoxanne Cliffordもソロ・プロジェクト、Patienceを始動。LAヘと拠点を移して新たなスタートを切った彼女のシンセ・プロジェクトは、甘さと陰鬱さが混在するVeronica Fallsの世界観と変わらず、メランコリックでドリーミーな雰囲気が漂っている。

本プロジェクトとしては初の日本ツアー中の彼女に話を聞いてみました!
続きを読む >>
Posted by 栗原葵
INTERVIEW / 21:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Hoops


Secretly CanadianやJagjaguwarといったインディー・レーベルのお膝元でもある学生街、インディアナ州ブルーミントン。そんな街で結成されたのが、先日Fat Possumからファースト・アルバム『Routines』をリリースしたばかりのインディー・ロック・トリオ、Hoopsだ。

Mac DeMarcoCleaners From Venusのようなローファイ・ギター・ロックと、Prefab SproutSteely Danといったソフィスティ・ポップをミックスしたような、タイトでキャッチーな曲が並んだアルバムについて、メンバーのDrew Auschermanに話を聞いてみた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 18:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[SONG OF THE DAY] Mountain Goats - Abandoned Flesh


小説家としても活躍するJohn Darnielle率いる文系インディー・ロック・バンド、Mountain Goats。当初はJohnによるローファイなベッドルーム・プロジェクトでしたが、00年代には4ADに所属し、くるりのChristopher McGuireやOwen PallettSt. Vincentらがゲスト参加した、より洗練された作品をリリースしてきました。

その後Mergeに移籍すると、2015年にはプロレスをテーマにしたアルバム『Beat The Champ』をリリース。モデルとなったレスラーのチャボ・ゲレロ本人から賞賛され、バンド史上最高となるビルボード初登場65位を記録するなど、思わぬブレイクを果たすことになります。

そして2年ぶりにリリースされる新作『Goths』は、その名の通りゴスをテーマにした異色作。ところがタイトルに反し、冒頭の「Rain in Soho」こそゴシック・ロック風になっていますが、その後はフェンダー・ローズやサックスをフィーチャーした、Steely DanPrefab Sproutばりのジャジーなソフィスティ・ポップが繰り広げられています。

そんなアルバムのラストを飾るのが、Bon Iverの『22, A Million』にも参加していた管楽器奏者Matt Douglasによるホーン・アレンジも素晴らしい「Abandon Flesh」。CureのRobert SmithやSiouxsie and the Bansheesといったゴスのアイコンたちに混ざって、兄弟喧嘩がきっかけで分裂してしまった徒花バンド、Gene Loves Jezebelのその後が歌われています。

ゴス・バンドの悲喜こもごもを描いた本作、どの曲も面白いので、ぜひ聴いてみてください!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 18:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Sam Amidon (Outtake)

photo: Terry Magson


5月にNonesuchから新作『Following Mountain』をリリースしたばかりの、バンジョー奏者Sam Amidon

Nico MuhlyDovemanことThomas Bartlettの友人でもある彼は、現在発売中のムック『Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで』で奥方のBeth Ortonとの馴れ初めも語ってくれていますが、今回はそこに掲載できなかったインタビューを紹介したいと思います。意外な交友関係も明らかに?
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 18:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[SONG OF THE DAY] Jackson C. Frank - Blues Run The Game


いよいよ明日、6月19日に発売されるムック『Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで』。掲載されているアーティストの多くが取り上げているのが、アメリカのフォーク歌手Jackson C. Frankの「Blues Run The Game」という曲です。

11歳の時に通っていた小学校が火事になり、額に大きな火傷の跡を負ったJackson C. Frank。この事故で同級生15人が亡くなったことは彼の心にも傷を与えますが、11万ドルの保険金が下りたことをきっかけに21歳で渡英すると、同じく渡英中だったPaul Simonとルーム・メイトになり、1965年にはPaulのプロデュースによる唯一のアルバム『Jackson C. Frank』がリリースされています。

1966年にはのちにFairport Conventionに加入するSandy Dennyと恋仲になりますが、1968年には資金難となり帰国。その後は次第に音楽活動から遠ざかると、入退院を繰り返して左目を失明、1999年に56歳で亡くなっています。

近年はSharon Van EttenJulie Byrneで知られるBa Da Bing!から全録音集がリリースされるなど、再評価も高まっている彼の畢生の名曲が「Blues Run The Game」。そこで今回は、そんな「Blues Run The Game」のカバー・バージョンを集めてみました。まずは本人のバージョンからどうぞ!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 21:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] David Bither (Nonesuch Records)


本日ニュー・アルバム『Crack-Up』をリリースしたFleet Foxes。6月19日に発売されるムック『Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで』では、そんな彼らのインタビューに加えて新たな所属先となるNonesuch Recordsを特集していますが、今年に入ってNonesuchの社長に就任したのが、長年レーベルの重役として、WilcoBlack Keysといったアーティストたちと契約してきたDavid Bitherです。

XL RecordsのスタッフだったKris Chenを新たに迎え入れ、Vampire WeekendのRostamのソロ・アルバムをリリースするなど、大きな転機を迎えつつあるNonesuch Records。そんなレーベルの現在について、Fleet Foxesの新作とムックの発売を記念して、社長のDavidが直々に答えてくれました。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 18:00 / comments(0) / trackbacks(0)