ALBUM OF THE WEEK
*
Tomb



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
[INTERVIEW] Andy Jenkins


シンガー・ソングライターのMatthew E. Whiteが主宰し、Natalie PrassやBedouineのリリースでも知られるヴァージニア州のインディー・レーベル兼スタジオ、Spacebomb。そんなMatthewのアルバムに共作者としてクレジットされ、先日自身のファースト・アルバムとなる『Sweet Bunch』をリリースしたばかりのAndy Jenkinsは、今から数年前、日本の敦賀に滞在していたことがあるという。

同じくSpacebombのスタジオでファースト・アルバムをレコーディングしたJulien Bakerのマネージメントと契約するなど注目を集めるAndyに、Matthewとの出会いや日本での思い出、そして往年のスワンプ・ロックを思わせる傑作ファースト・アルバムの背景についてメールで質問してみた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 23:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Interpol

photo by James Medina

「ステージ上のほうがずっと暑いからね」

東京が37度を超える暑さを記録したその日、普段と変わらないダーク・スーツ姿で現れたのは、4年ぶりのニュー・アルバム『Marauder』をリリースするニューヨークのロック・バンド、InterpolのDaniel Kesslerだ。

そんな彼らが2002年にリリースしたファースト・アルバム『Turn on the Bright Lights』は、911直後のニューヨークに灯りを点し、昨年出版された00年代ニューヨークの音楽シーンについての証言集『Meet Me in the Bathroom』でも、多くのページを割いて紹介されていた。

この11月には久しぶりに来日し、『Turn on the Bright Lights』の全曲再現コンサートをすることが決まっているInterpolだが、その中心にいたDanielに、当時のエピソードや、所属レーベルであるMatadorについて聞いてみた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 22:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Nathaniel Rateliff & The Night Sweats


烈しい雨が降りつける中、フジロックフェスティバル '18の2日目、FIELD OF HEAVENでトリを務めたNathaniel Rateliff & The Night Sweats。そのアンコールで彼らが披露した最新作のタイトル曲「Tearing at the Seams」は、アルバムのプロデューサーであり、7月に急逝したミュージシャンのRichard Swiftに捧げられたものだった。

聖職者のコミュニティで生まれ育ち、フォーキーなシンガー・ソングライターとしてそのキャリアをスタートしたNathanielとその仲間たちは、レーベルからの契約解除と、生き別れの兄弟のようなRichardとの出会いをきっかけに、自身の内なる声を追い求めた、大所帯ソウル・バンドとして生まれ変わることになる。

サザン・ソウルの殿堂Staxから2015年にリリースされたセルフ・タイトルのファースト・アルバム以降、汗の飛び散るパフォーマンスで最強のライヴ・バンドの名を欲しいままにしてきたNathanielと相棒のベーシストJoseph Pope IIIが、その苦難と希望の日々について話してくれた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 18:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Starcrawler

photo by Chiaki Karasawa

3月に初来日し、往年のロック・スターを思わせる扇動的なパフォーマンスで話題騒然となったArrow de Wilde率いるStarcrawler。彼女たちがフジロックフェスティバル '18にて帰還し、再びロックンロールの狂乱を巻き起こした。白目をひん剥きながら、血糊を吐き、暴れまわるヴォーカルArrowは、目撃した者に強烈なインパクトを残したに違いない。

フジロックに向かう前、存分に日本を楽しんでいる様子の彼女たちに話を聞いてみた。
続きを読む >>
Posted by 栗原葵
INTERVIEW / 23:30 / comments(2) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Dave Longstreth (Dirty Projectors)


フジロックフェスティバル '18最終日のRED MARQUEEに出演し、見事なアンサンブルとコーラスワーク、そして謎の「コーヒー」Tシャツで話題をさらったDirty Projectors。

その翌日、バンドのリーダーでもあるDave Longstrethが、同日に出演したBob Dylanや、発売されたばかりの新作『Lamp Lit Prose』について語ってくれた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 17:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Blueprint Blue


Steely Danの「Peg」の歌詞からバンド名を取ったロンドンの4人組、Blueprint Blue。新曲「Roll On」を発表したばかりの彼らは、The HorrorsのRhys Webbの弟であり、ポスト・パンク・バンドS.C.U.M.のメンバーだったHuw Webbと、同じくS.C.U.M.のメンバーだった女性ドラマーのMelissa Rigbyが、2013年にElliot Haywardと結成したフォーク・ロック・バンドだ。

その後彼らがライヴでCrazy Horseの「I Don't Wanna Talk About It」をカバーしているのを見て気に入ったという、リズム・ギタリストのRhys Timsonが加入。昨年3月にはUltimate PaintingのJames HoareとMazzy StarのDavid Robackがプロデュースした『Flying Machine EP』をリリースした彼らが、バンドのルーツや、まもなくリリースされるというファースト・アルバムについて話してくれた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 18:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[REVIEW] Dirty Projectors - Lamp Lit Prose


そこのみにて光輝く

大きく息を吸い込んだ後で、あの特徴的なギターに乗せてDave Longstrethが歌うと、トランペットが鳴り響き、The InternetのSydによるコーラスが飛び込んでくる──冒頭の「Right Now」を聴いただけでも、かつてのDirty Projectorsが帰ってきたことがわかるはずだ。

 胸の中には沈黙があったけど/今僕はバンドを演奏し始める
 彼らが焚き火を燃やしたから/ランプを灯すことができるんだ

レーベルの資料によれば“デヴィッド・リンチ監督の『ブルーベルベット』に対する『ストレイト・ストーリー』であり、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『マグノリア』に対する『パンチドランク・ラヴ』”だというDirty Projectorsの新作『Lamp Lit Prose』は、ジャケットを飾る太極図を模したガラス細工のバンド・エンブレムが示すように、前作『Dirty Projectors』と陰と陽の関係になっている。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
REVIEWS / 23:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] Our Favorite Songs of 2018 (So Far)


早いもので今年も半分が過ぎ、たくさんの名作が生まれましたが、ついつい聴き逃している作品も多いのではないでしょうか? そこで今回は上半期のリリースの中から、モンチコンが選ぶ隠れた名曲、そこまで隠れていない名曲をご紹介したいと思います。

新たな音楽探しの参考に、午前3時までの暇潰しにご利用ください!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 23:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] HoopsのKevin Krauter、シティ・ポップを語る


昨年ファースト・アルバム『Routines』をリリースしたインディアナ州ブルーミントンのバンドHoops。そのメンバーでもあるKevin Krauterが、Beach FossilsのDustin Payseurが主宰するレーベルBayonetから、6月15日にファースト・ソロ・アルバムとなる『Toss Up』をリリースする。

7人兄弟の大家族に生まれ、兄の影響でSimon and Garfunkelを聴いていたという彼のルーツが伺えるフォーキーな『Magnolia』、ブラジル音楽に影響を受けた『Changes』という2枚のEPに続いてリリースされるこのアルバムは、Frank Oceanの『Blonde』を筆頭に、山下達郎や大貫妙子といったジャパニーズ・ポップスも参考にしているという。

一体彼は何者なのか? 気になったのでメールで本人に質問してみた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 23:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Snail Mail


16歳のときにリリースしたEP『Habit』から約2年、ハイスクールを卒業したばかりのSnail MailことLindsey Jordanのファースト・アルバム『Lush』は、そのタイトル通り、青く脆い感情が渦巻いているようだ。 少女から大人への階段を登る彼女が紡ぎ出すリリックには、実際に体験した愛や人生の哀しみが綴られている。大人になっても忘れられない、思春期の痛々しい思い出を蘇らせる焦燥感溢れるヴォーカルと、ノスタルジーに誘われる、哀愁のあるローファイ・サウンド。切なくてほろ苦いこのアルバムについて、Lindseyが受話器越しに語ってくれた。
続きを読む >>
Posted by 栗原葵
INTERVIEW / 23:30 / comments(0) / trackbacks(0)