ALBUM OF THE WEEK
*
Tara Jane O'neil



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
[INTERVIEW] Foxygen


昨年10月、突如として新曲「America」を発表したロサンゼルスのSam FranceとJonathan Radoによる2人組、Foxygen

UKの女性フォーク・シンガー、Flo Morrisseyとのデュオ名義によるカバー・アルバムをリリースしたばかりのMatthew E. Whiteと、その右腕として知られるTrey Pollardが指揮した40人編成のオーケストラを従え、「アメリカで暮らしているのなら、もう死んでいるということ」と歌われるこの曲は、11月に大統領選を控えていただけに様々な憶測を呼んだが、実際には何年も前に書かれたものだった。

その「America」を含むニュー・アルバム『Hang』には、Jonathanがデビュー作をプロデュースした兄弟デュオ、The Lemon TwigsのBrianとMichael D'Addarioがリズム隊として全曲に参加(Michaelはタップダンスまで披露!)。同じく先日新作をリリースしたFlaming LipsのSteven Drozdも参加するなど、大きな話題となっている。

これは沈みゆくアメリカへの警告か? それともただの戯れか? Whitneyのデビュー作も手掛けるなど、プロデューサーとしても評価の高いJonathanに話を聞いてみた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 18:00 / comments(0) / trackbacks(0)
USインディーvsグリーンランド、夢のオールスターゲームが開幕!


昨年突如再結成アルバムをリリースし、ファンを喜ばせたThe Monkees

その再結成アルバムに参加することが叶わなかったかわりに、The Monkeesのメンバー4人とプロデューサーのTommy Boyce & Bobby Hartに捧げたアルバム、その名も『Of Monkees And Men』をリリースしてしまったのが、Young Fresh FellowsのScott McCaughey率いるThe Minus 5です。


Minus 5 - Of Monkees And Men

アイスランドのフォーク・ロック・バンド、Of Monsters And MenとMonkeesを掛けた渾身のオヤジ・ギャグが炸裂したこのアルバムには、先日来日したLaura Gibsonも参加していましたが、この度そのScott McCaugheyと友人たちが、アイスランドとならぶ北極圏の島国グリーンランドの環境問題をテーマにしたイベント、「ICE STATION」に出演するため来日します。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
NEWS / 22:00 / comments(0) / trackbacks(0)
Laura Gibson Japan Tour 2017のお知らせ


演奏中に酔い潰れない!客席が静かでも怒らない!そんなミュージシャンをお探しのあなたに朗報!

オレゴン州出身で、現在はニューヨークを拠点に活動する女性シンガー・ソングライターのLaura Gibsonが、8年ぶりにジャパン・ツアーを行います。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
NEWS / 23:45 / comments(0) / trackbacks(0)
Dirty Projectorsが新作『Dirty Projectors』をリリース


昨年の9月に突如新曲「Keep Your Name」を公開、年明けにもさらなる新曲「Little Bubble」を発表し、様々な憶測を呼んだDave Longstreth率いるDirty Projectors。そんな彼らが、最新作となるセルフ・タイトルのアルバム『Dirty Projectors』を2月24日にDominoからリリースします。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
NEWS / 07:00 / comments(1) / trackbacks(0)
[CROSS TALK] Soft Hair × South Penguin


アダムとイヴは、2人とも男だった?

James BlakeBlood Orangeとの共演で知られるニュージーランド生まれのシンガー・ソングライターConnan Mockasinと、元Late of the Pierのフロントマンで、現在はLA Priest名義で活動するSam Eastgate改めSam Dust。そんな2人が結成した新プロジェクトSoft Hairが、昨年10月にファースト・アルバムとなる『Soft Hair』をリリースしました。

そこで今回は、同じく昨年デビューEP『alaska』をリリースし、彼らの大ファンだという東京のバンドSouth Penguinのアカツカ氏が、Connan Mockasinへのインタビューを敢行。一部失礼な発言もありますが、新年ということで笑ってお許しください!

それでは参りましょう、C・O・N・N・A・N、コナン!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 15:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] Monchicon's 10 Best Albums of 2016


あけましておめでとうございます!

さて、「年末には年間ベスト・アルバムを発表しなくてはならない」という得体の知れない強迫観念と、録り溜めたTV番組や映画を消化したいという誘惑、そして強烈な睡魔と葛藤すること数日(結局寝落ち)。

ようやく選んだ10枚のアルバムのうちの何枚かは、ブログで紹介した後で思いのほか反響を呼んだこともあり、「これって一年間ブログやツイッターをフォローしてくれた人たちからすれば、何の驚きもないのでは?」と悩んだりもしましたが、「世間の流行に対する反動としてランキングを変えることは、周りと自分を区別するためだけに、自分の趣味を犠牲にすることになるんじゃないか?という結論に至り、年も明けてお屠蘇気分もすっかり抜けた今、あえて昨年のベスト・アルバムを発表することになりました。

というわけで、2020年に振り返ったらきっと納得! モンチコンが選ぶ2016年のベスト・アルバムはこの10枚だ!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 22:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] Fleet Foxesの新作について私が知っている二、三の事柄


2012年の来日公演を最後に活動を停止するも、今年に入ってからInstagramを頻繁に更新し、ニュー・アルバムのレコーディング風景を定期的にアップしているFleet FoxesのRobin Pecknold。そんな彼が25日に新作と思われるアートワークをアップ(現在は削除)し、リリースが間近なのではと囁かれています。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
REVIEWS / 00:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] Monchicon's Favorite Songs Of 2016


歌は世につれ、世は歌につれ――今年を彩った名曲の数々の中から、モンチコンのお気に入りの10曲をピックアップしてご紹介したいと思います。

さて、あなたの好きな曲は入っているでしょうか? 早速ご覧ください!

続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 21:44 / comments(2) / trackbacks(0)
[REVIEW] Cass McCombs - Mangy Love
評価:
Anti-
(2016-08-26)

死んだ犬は治せない

黒人だけを襲うように調教された白い犬──フランスの小説家ロマン・ガリが、自分の妻であり、ジャン=リュック・ゴダール監督『勝手にしやがれ』のヒロイン役で知られる女優のジーン・セバーグの身に起こった事件をモチーフに書いた小説『白い犬』を映画化したのが、サミュエル・フラー監督の『ホワイト・ドッグ』(1982)だ。

一方、これまで4ADやDominoから作品をリリースしてきたカリフォルニアのシンガー・ソングライター、Cass McCombsのAnti-移籍第1弾となるアルバム『Mangy Love』は、こんなフレーズで幕を開ける。

 The white dog of the farm still breeds
 あの牧場の白い犬はまだ繁殖する
 she’s off her leash
 彼女は鎖をほどく
 to tear flesh and teach
 肉を引き裂いてわからせるために
 bum bum bum
 バム・バム・バム


アメリカが抱える人種差別問題に牙を剥いたこの「Bum Bum Bum」からもわかるように、通算8作目となる本作は、歌詞の面でも音楽の面でも、彼のキャリアの中でもっとも挑戦的、かつ挑発的な作品だ。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
REVIEWS / 01:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[INTERVIEW] Savoy Motel

all photos by Semi Song

IceageRoyal HeadacheParquet Courtsを輩出したニューヨークの人気レーベルWhat's Your Rupture?が送り出すニューカマー、Savoy Motel。謎に包まれた彼らの正体は、Cheap TimeHeavy Creamという2組のバンドのメンバーが結成した、ナッシュヴィルのスーパー・グループだ。

この度Monchicon!とDisk Unionによるシリーズ「インディー・ロック・グラフィティ」の1枚としてリリースされた彼らのファースト・アルバム『Savoy Motel』は、Alabama ShakesBenjamin Bookerのプロデュースで知られるAndrija Tokicがミックスを担当。Sly & The Family Stoneのアルバム『暴動』で使われた往年のリズム・マシーン、Maestro Rhythm Kingを全編でフィーチャーした、チープなガレージ・ディスコ・サウンドが展開されている。

年明けにはThe Lemon Twigsとのツアーが決定、フォトジェニックなメンバーのルックスと、毎回趣向を凝らしたミュージック・ビデオも話題の彼らがインタビューに答えてくれた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
INTERVIEW / 21:30 / comments(0) / trackbacks(0)