きっかけは、2017年の夏。かつてのバンド・メンバーだったEfterklangのRasmus Stolbergが始めたデンマークの Badesøen Festivalから、"Arthur Russellの曲だけを演奏する"という依頼を受けたPeter Broderickは快諾し、デンマークのミュージシャンからなるバンドを従えて出演する。

その素晴らしいパフォーマンスの噂はArthur Russellの生前最後のパートナーであり、遺された楽曲の管理を任されているTom Leeまで届き、彼はPeterに連絡を取ると、Arthurの楽曲のアーカイヴの調査と、古いテープの修復を依頼。まだ世に出ていない、何時間にも及ぶArthurの未発表曲を聴いて高まる想いを抑えきれなくなったPeterが、自身の生まれ故郷であり、Arthurの遺族が暮らすメイン州でレコーディングしたのが、先日リリースされたカバー・アルバム『Peter Broderick & Friends Play Arthur Russell』だ。

妻であるアイルランド人シンガー・ソングライターのBrigid Mae Powerやコラボレ―タ―のDavid Allred、さらにはArthur Russellの甥や姪も参加し、Tom Leeがジャケットのアートワークを提供したこのアルバムも好評なPeterが、4月23日に一夜限りの来日公演を行うことが決定。そこで今回はPeterにカバー・アルバムの制作背景や、リリースが噂されるArthur Russellの新しい未発表曲集について、メールで話を聞いてみた。




――今回のカバー・アルバムの収録曲のうち、「I Couldn't Say It To Your Face」、「That's Us/Wild Combination」、「You Can Make Me Feel Bad」、「Losing My Taste For The Nightlife」、「A Little Lost」あたりはファンの間でも人気があるので納得の選曲でしたが、未発表曲を除くと、それほど知られていない「Come To Life」や「Ballad Of The Lights」、「Eli」といった曲を選んだのはなぜでしょう?

えっと、僕が初めてArthurの曲をフルで演奏したのは、2017年の夏のデンマークのフェスティバルで、現地のミュージシャンからなるバンドと一緒に演奏した時だったんだ。他のミュージシャンたちも全員Arthur Russellの大ファンでね。だから僕は彼らに、どの曲をカバーしたいか意見を求めたんだ。キーボード奏者のAnnaが「Come To Life」と「Ballad Of The Lights」を提案してくれたんだけど、僕はどちらも本当に好きだったし、あまり知られていない曲をカバーして、観客に彼らが聴いたことのないだろうArthur Russellの曲を聴いてもらうっていうアイデアが気に入ってね。それから「Eli」については、僕の長年の個人的なお気に入りだった。弦楽器奏者としては、あの曲がArthurの歌声と弦楽器だけで、生々しいところが好きなんだ。彼の場合はチェロだけど…僕はそれをヴァイオリンに置き換えたんだ。



――フェスティバルでは「Close My Eyes」と「Lucky Cloud」の2曲も演奏していたようですが、どうしてアルバムには収録されなかったのでしょう? 他にもカバーしたけど収録されなかった曲はありますか?

確かに、演奏したけどアルバムに入ってない曲もいくつかあるね。いつかまた、別のArthurの楽曲集を録音できたらと思っているよ。

――「Ballad of The Lights」ではあなたのパートナー、Brigid Mae Powerの息子のSeanがアレン・ギンズバーグの詩を朗読していますが、どうして彼に頼もうと思ったのでしょう?

Seanにアルバムに参加してもらえて、とても光栄だったよ。あの詩を読んでもらうには何をしたらいいかを彼と相談したんだけど、録音が終わったら30ユーロを渡して、すぐにおもちゃ屋さんに行くことに落ちついたんだ。彼は素晴らしい仕事をしてくれたと思うし、レコーディングが終わったその足で、おもちゃ屋さんに連れて行ったよ(笑)。

――2014年にリリースされたArthur Russellのトリビュート・アルバム『Master Mix - Red Hot + Arthur Russell』に、Liam Finn とErnie BrooksによるArthurの未発表曲「This Love Is Crying」のカバーが収録されていました。今回のアルバムであなたがカバーしている未発表曲「Words of Love」と「You Are My Love」のタイトルにも“Love”が含まれているので気になったのですが、あなたが聴いたArthurの未発表曲は、どのようなものだったのでしょう?

未発表曲については、あまり多くを語りたくないんだ。情報を公開するのにふさわしい時期がいつなのかは、Steve Knutson(Arthur Russllの遺産の管理者)と、Arthurの家族に委ねられているからね。だけど、Arthurが信じられないぐらい多作だったということは言えると思う。何らかの理由で公にされていない作品が、まだたくさんあるんだ。この先もっと多くの、Arthur Russellのアルバムが聴けることを祈ろう!



――今回のアルバムのほとんどのヴァージョンはオリジナルに忠実ですが、「A Little Lost」をレゲエ風にカバーしたのはなぜでしょう? 「Words of Love」と「You Are My Love」については、どのぐらいオリジナルに忠実なのでしょうか?

どうして「A Little Lost」をレゲエ・ソングとして演奏することにしたのかは確かじゃないんだけど…楽しかったことは確かだね! 僕が若い頃は、レゲエ・ミュージックに対して強い嫌悪感を持っていた。だけど数年前に自分が好きなレゲエを聴くようになって、今ではレゲエを愛している。自分が以前嫌いだったスタイルの音楽を好きになるのって、個人的な勝利みたいな感覚だよね。子供の頃に嫌いだった食べ物を好きになったみたいに、成長して、自分の周りの違う部分を受け入れるような感じで。「A Little Lost」はオリジナルに近いアレンジで演奏することもあって、ベルリンでは“パンク・ロック”なヴァージョンで演奏したんだけど、すごく楽しかったし、みんなも気に入っていたよ。今回のアルバムではレゲエ・ヴァージョンで演奏したけど、自分で聴くのが好きな曲のひとつだと言えるね。僕のヴァージョンの「Words of Love」と「You Are My Love」はオリジナルにとても似ているけど、僕のヴァージョンの「You Are My Love」にはほんの少しのストリングス・アレンジメントと、女性ヴォーカルを加えて装飾したんだ。

――メイン州での、Arthurの親族とのレコーディングはいかがでしたか?

特別な時間だったよ。RachelとBeauをアルバムに迎えられたのは本当に光栄だった。彼らは音楽的にも多大な貢献をしてくれたよ! Beauは素晴らしいパーカッション奏者で、彼が演奏した曲に、驚くほどリズミックなグルーヴをもたらしてくれた。そしてRachelも本当に美しい歌声を持っている。彼女の母親(Arthurの姉)のKateから、Rachelが「You Are My Love」を歌っている録音を聴かせてもらったことがあったから、彼女がこの曲に馴染みがあることも知っていた。だから僕にとっては、彼女をこの曲に招くことは理にかなっていたんだ。


Peter Broderick & Friends - Play Arthur Russell
(Lirico)

1. Words Of Love*
2. Come To Life
3. I Couldn’t Say It To Your Face
4. That’s Us/Wild Combination
5. You Can Make Me Feel Bad
6. Ballad Of The Lights
7. Eli
8. Losing My Taste For The Nightlife
9. A Little Lost
10. You Are My Love*

*未発表曲



■ピーター・ブロデリック 来日公演

2019年4月23日(火)
東京 六本木 Billboard Live TOKYO
1st 開場 17:30 / 開演 18:30
2nd 開場 20:30 / 開演 21:30
サービスエリア 6,500円(税込 / 別途ご飲食代)
カジュアルエリア 5,500円(税込 / 1ドリンク付)
※お問い合わせ:Billboard Live TOKYO(03-3405-1133)