ALBUM OF THE WEEK
*
Painted Ruins


Across The Multiverse



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
<< [INTERVIEW] David Bither (Nonesuch Records) | main | [INTERVIEW] Sam Amidon (Outtake) >>
[SONG OF THE DAY] Jackson C. Frank - Blues Run The Game


いよいよ明日、6月19日に発売されるムック『Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで』。掲載されているアーティストの多くが取り上げているのが、アメリカのフォーク歌手Jackson C. Frankの「Blues Run The Game」という曲です。

11歳の時に通っていた小学校が火事になり、額に大きな火傷の跡を負ったJackson C. Frank。この事故で同級生15人が亡くなったことは彼の心にも傷を与えますが、11万ドルの保険金が下りたことをきっかけに21歳で渡英すると、同じく渡英中だったPaul Simonとルーム・メイトになり、1965年にはPaulのプロデュースによる唯一のアルバム『Jackson C. Frank』がリリースされています。

1966年にはのちにFairport Conventionに加入するSandy Dennyと恋仲になりますが、1968年には資金難となり帰国。その後は次第に音楽活動から遠ざかると、入退院を繰り返して左目を失明、1999年に56歳で亡くなっています。

近年はSharon Van EttenJulie Byrneで知られるBa Da Bing!から全録音集がリリースされるなど、再評価も高まっている彼の畢生の名曲が「Blues Run The Game」。そこで今回は、そんな「Blues Run The Game」のカバー・バージョンを集めてみました。まずは本人のバージョンからどうぞ!


Blues Run The Game

Catch a boat to England, baby
イギリス行きの船に乗ろう、ベイビー
Maybe to Spain
たぶんスペインかも
Wherever I have gone
僕がどこへ行っても
Wherever I've been and gone
僕がどこへ消え去っても
Wherever I have gone
僕の行く先には
The blues are all the same
いつだって同じ憂鬱が

Send out for whiskey, baby
ウィスキーを頼むよ、ベイビー
Send out for gin
ジンを頼む
Me and room service, honey
僕とルーム・サービス、ハニー
Me and room service, babe
僕とルーム・サービス、ベイブ
Me and room service
僕とルーム・サービス
Well, we're living a life of sin
僕らは罪深き人生を生きている

When I'm not drinking, baby
僕が酒を飲んでいない時は、ベイビー
You are on my mind
きみが心の中にいる
When I'm not sleeping, honey
僕が眠ってない時は、ハニー
When I ain't sleeping, mama
僕が眠ってない時は、ママ
When I'm not sleeping
僕が眠ってない時は
You know you'll find me crying
泣いている僕が見つかるはずさ

Try another city, baby
他の都市を試そう、ベイビー
Another town
他の町を
Wherever I have gone
僕がどこへ行っても
Wherever I've been and gone
どこへ消え去っても
Wherever I have gone
僕の行く先には
The blues come following down
憂鬱がつきまとうんだ

Living is a gamble, baby
生きることは賭けだよ、ベイビー
Loving's much the same
愛するのも同じこと
Wherever I have played
どこで賭けをしても
Whenever I throw them dice
僕がサイコロを振るたびに
Wherever I have played
どこで賭けをしても
The blues have run the game
憂鬱が遊んでるんだ

Maybe tomorrow, honey
きっと明日には、ハニー
Someplace down the line
どこかここを下ったあたりで
I'll wake up older
僕は年老いて目覚めるだろう
So much older, mama
もっと歳をとって、ママ
I'll wake up older
僕は年老いて目覚めるだろう
And I'll just stop all my trying
そして挑むことをやめるんだ

Catch a boat to England, baby
イギリス行きの船に乗ろう、ベイビー
Maybe to Spain
たぶんスペインかも
Wherever I have gone
僕がどこへ行っても
Wherever I've been and gone
僕がどこへ消え去っても
Wherever I have gone
僕の行く先には
The blues are all the same
いつだって同じ憂鬱が



FrankのルームメイトでプロデューサーだったPaul Simon


Frankの恋人だったSandy Dennyは他の曲もレパートリーに


死後にリリースされたアルバム『Family Tree』で
Frankの曲を4曲もカバーしていたNick Drake


PentangleのBert Janschの75年作『Santa Barbara Honeymoon』から


Bert Janschの相棒、John Renbournも度々カバー


ポートランドの女性シンガー、Alela Dianeによるプロジェクトの2008年作から


英国フォーク・マニア、DecemberistsのColin Meloyもライブでカバー


Laura MarlingはJack WhiteのThird Man Recordsからのシングルでカバー


スウェーデンの姉妹デュオ、First Aid Kitもラジオ番組でカバー


Fleet FoxesのRobin Pecknoldも“White Antelope”名義でカバーしてました



Posted by Monchicon
FEATURES / 21:30 / comments(0) / trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://monchicon.jugem.jp/trackback/2175
TRACKBACK