ALBUM OF THE WEEK
*
Painted Ruins


Across The Multiverse



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
<< [INTERVIEW] Foxygen | main | [SONG OF THE DAY] Mount Eerie - Real Death >>
【徹底討論】インディー・ロックは死んだのか?


1月21日付のビルボード・チャートで1位を獲得したアトランタのヒップホップ・トリオ、Migosの「Bad & Boujee」。

先週末、Dirty ProjectorsのDave Longstrethが、この曲の歌詞を引用したインディー・ロックの現状についての問いかけをInstagramに投稿し、Fleet FoxesのRobin Pecknoldらを交えた議論に発展するなど、大きな話題となっています。きっかけとなったのはこちらの投稿。

※以下、訳は大意です


酷くて、ブルジョワ的になっているのは僕なのか、それとも24世紀の半ばにおけるインディー・ロックの状態なんだろうか? 酷いというのは本来の意味で、つまり音楽的につまらなく、成文化されたサウンドの形式を真似て、重要なことを発見したり、僕らが今経験している世界を反映するというよりも、相続しているに過ぎず……またサルトルの言う自己欺瞞のように、表面上は期限の切れた、僕らが心の中では無意味だとわかっている規範に従順だということ(製造、流通、レーベル業などの世界的な結びつきが“インディペンデント”・ミュージックという言葉を乱暴なまでに無意味にし、同時にもっと大きな、創設者が意図したよりもっと民主的で自立したコミュニティーが、オンライン上のデジタル・スペースに存在している)、そしてその言葉の持つ悪い意味でブルジョワ的:上品で生気がなく、生きた経験を伴う雨粒や、雨除けからうまく隔離されている?

賛成/反対? 君はどう思う? 僕は否定的になりたくないし、ただ思ったことを口にしてみたんだ。僕はRobin PecknoldのInstagramのコメント欄の活気が好きだし、みんながこの質問について話してくれるのが好きなんだ。きっと“インディー・ロック”っていうのは藁人形で、一括りにするのは的外れで、何の役にも立たないのかもしれない。単なる思考、思考、思考なんだ。


これに対し、恋人にフラれたもの同士として(?)、以前からInstagram上で交流を深めていたFleet FoxesのRobin Pecknoldが、Dirty Projectorsの新曲「Keep Your Name」や、亡くなった妻のことを歌ったMount EerieことPhil Elverumの新曲「Real Death」を引き合いに出して回答します。

I think music is as codified as emotions are codified. Sometimes I just want to listen to Townes Van Zandt, sometimes Debussy, sometimes Kendrick, sometimes you, sometimes Solange, sometimes Television… there’s this universe of potential feeling, the music that best exemplifies a given mood (or even creates a new mood entirely, like how newly coined words enable the existence of certain states of mind) is what finds an audience. I get bogged down in thinking there is a “right” music to make at a given cultural moment, thinking influenced by retroactive-revisionist teleologies of art / music history, but to me there is a always a vast expanse of feeling being explored by everyone engaged in music and it’s all valid in that it defines a feeling or creates a new one, for whatever group or groups have their ears turned on that music. Like the newest Phil Elverum song *creates* a feeling that didn’t exist before, even if it’s musically not innovative, by virtue of it being a direct expression of his life experience that feels honest, and that one can either relate to or recognize as true, in the same way that the spoken word and voice manipulation on “Keep Your Name” conjures something fresh, suggests and depicts a personal experience in a novel way. Like they are worlds apart musically but I’d respond to both as a listener b/c they invent a new feeling and let me feel it by proxy.

感情が成文化されているのと同じように、音楽も成文化されていると思う。ただTownes Van Zandtが聴きたい時もあれば、Debussyだったり、Kendrickだったり、君だったり、Solangeだったり、Televisionだったり…そこには無限大の感情の可能性があって、特定のムードを一番うまく表した(もしくは、新しい造語がある精神状態を顕在化するように、完全に新しいムードを作り出した)音楽が、聴衆を獲得することができる。僕はある一時の流行に向けた“正しい”音楽があると考えたり、アートや音楽の歴史を遡って修正しようと目論んでる人たちに影響されていると考えると行き詰まってしまうけど、そこにはいつだって音楽に関わるすべての人たちによって探求された様々な感情があって、ある感情を定義したり、新しい感情を生み出すという点において、それはどんな音楽を聴いているグループにも有効なんだ。たとえそれが音楽的に革新的でないとしても、正直で、人々が共感したり、真実だと思うことができる人生経験を直接的に表現した美徳によって、Phil Elverumの新曲がこれまでになかった感情を作り出しているように、そして「Keep Your Name」のスポークン・ワードと変調された歌声が新鮮な何かを呼び起こしたのと同じように、小説のように個人的な体験を描き、示唆することができる。音楽的にはかけ離れていても、新しい感情を生み出していて、それを代わりに感じさせてくれるから、僕はどちらにもリスナーとして反応できたんだ。

Also don’t rly know what counts as “indie rock” these days… like, Whitney, Mac DeMarco, Angel Olsen, Car Seat Headrest? Idk if any of that has “cutting edge” written into the M.O., even if it’s fun to listen to. Feel like everything else that gets covered that’s progressive is in other landscapes, either more commercial ones or less commercial ones. I feel like 2009, Bitte Orca / Merriweather / Veckatimest, was the last time there was a fertile strain of “indie rock” that also felt progressive w/o devolving into Yes-ish largesse. But this part of it is mostly semantics… if I were myself as a disempowered 16 y.o. rn, when $5 house shows, 7 inches and zines were my means of social empowerment, I’d probably feel more kinship w/ the term independent than I do as a bipedal 30 year old, who feels silly and too old at warehouse shows now, but maybe the world is sort of a static constellation of states that we just move through as we get older and it can seem like the world is changing when really it’s just us?

それに、最近だと何を“インディー・ロック”とカウントするのか、本当にわからないんだ…Whitney、Mac DeMarco、Angel Olsen、Car Seat Headrestとか? 聴いていて楽しいけど、彼らの手法に“先鋭的”なものがあるかはわからない。もっとコマーシャルなものでも、そうでないものでも、進歩的と言われるものは別世界のような気がするんだ。2009年の『Bitte Orca』、『Merriweather Post Pavillion』、『Veckatimest』が、“インディー・ロック”に豊かさがあって、Yes的な過剰さに陥ることなく、進歩的に感じられた最後の瞬間だった気がするよ。これはほとんど概念としての話になるけど…もし僕が今、自信を喪失した16歳で、5ドルのハウス・ショウと7インチとジンだけが社会と繋がる手段だったとしたら、自分の足で歩ける30歳で、倉庫でショウをするにはマヌケで歳を取り過ぎている今の自分よりも、インディペンデントというタームに親しみを感じていたと思う。だけどたぶん、世界が動かないから、僕らが歳を取ってそこを動いているだけなのに、世界が変わっているように思えるんじゃないかな?


このコメントに対する、Dave Longstrehの結論がこちら。

love this, novelty / newness is exciting and useful to reflect a changing world, but it seems like human experience/nature has a way of staying constant : for this ,we don’t need music that changes all the time; for this, tradition is valuable

これはいいね。珍しさ/新しさは興奮するし、変わっていく世界を反映するには役立つけど、人間の経験や性分ってのは、ある意味では変わらない。この点において、僕らは音楽を常に変えていく必要はないし、この点において、伝統にも価値があるんだ。


しかし当然のように、若い世代のミュージシャンからは批判が噴出します。



何かが死んだとか、前より良くないとか言うほど時代遅れに見えることってないよね


そうした意見に対する、Robin PecknoldとDave Longsrethそれぞれの回答がこちら。

Feel a little misquoted today around blogs about saying "indie rock peaked in 2009," which sounds very get off my lawn coming from someone who was mainly relevant around then. I just meant that the genre signifier "indie rock" lost meaning as innovation and progression split into many different directions from 2010 on, that the term grew increasingly nebulous and not useful, not that music as a whole somehow devolved. It was a semantic point only. I mentioned Mac DeMarco and Whitney etc as examples of artists whose music I love and respect that employ fairly traditional instrumentation, proving that there is still life and potential in codified forms. It was a tangent on another thought and wasn't meant for the blogroll, just thinking out loud as a music fan.

Robin N. Pecknoldさん(@robinpecknold)が投稿した写真 -


今日僕が“インディー・ロックは2009年がピークだった”と言ったようにいくつかのブログで誤って引用されてるけど、それじゃまるで当時の関係者が、「俺の芝生から出て行け」って言ってるみたいじゃないか。僕は音楽全体が退化したんじゃなくて、ただインディー・ロックというジャンルが示していたものが、2010年以降様々な方向に革新、進化していくにつれて失われて、そのタームが急激に曖昧で、無益になっていったと言いたかったんだ。概念としてね。Mac DeMarcoやWhitneyは、僕が好きで尊敬していて、すごく伝統的な楽器を使いながら、成文化された形式にもまだ寿命と可能性があるんだと証明してくれたアーティストの例として挙げたんだ。それは他の考えへの接点であって、ブログのためのものじゃないし、音楽ファンとして思ったことを言ってみただけさ。


hey everybody, 'indie' is a community that i def consider myself/dirty projectors to be a part of. 80s/90s indie rock is the first music that showed me that i could make music and be a part of a community that way. most of my music-making friends make 'indie rock' and if i had to guess i'd say that the DP album that's about to come out on domino records will be filed under 'indie rock' in our local record stores. so to the extent that the post was something more than a jokey riff on fake critical theory language mixed w migos lyrics, the concept of 'indie' is personal/important to me. i was getting kinda navelgaze abt my band's context, wringing my hands over the way the term has been co-opted by wack spotify playlists, garageband presets etc. c'est la vie i guess ... def wasn't trying to put anybody on blast ― esp younger bands, who are doing amazing shit in a super unprecedented cultural context. whitney is my favorite band in many years, i don't know how they do that!?! abt 2009. it's ironic to be nostalgic abt the alleged newness of something that happened 7 years ago! feel like there's been so much mind-blowing and fresh music since then. in all diff scenes & genres. but also, as a number of people on the thread have said: innovation isn't everything. emotion seems pretty timeless &universal, and that's the core of music right? i feel like in the context of 45, filling old traditional forms w new messages of resistance is gonna be a strong way forward!

@davidlongstrethが投稿した写真 -



やあみんな、“インディー”っていうのは、間違いなく僕自身やDirty Projectorsが属しているコミュニティーだと思う。80年代や90年代のインディー・ロックは、僕が音楽を作って、そのコミュニティーに加わることができると最初に示してくれた音楽だ。音楽を作っている僕の友達のほとんどは“インディー・ロック”を作っていて、あえて言うなら、もうすぐDominoから出るDirty Projectorsのアルバムだって、地方のレコード・ストアの、“インディー・ロック”のコーナーに並べられると思う。だからある意味では、あの投稿は批評にありがちな偽物の言葉とMigosの歌詞を混ぜたジョーク以上のもので、“インディー”というコンセプトは僕にとっても個人的で重要なんだ。僕は自分のバンドの文脈について考えていて、Spotifyの酷いプレイリストや、ガレージ・バンドの初期設定にそのタームが使われることについて嘆いていた。でもそれが人生で…絶対に誰か、特に前例のない文化的環境の中で、素晴らしいことをやっている若いバンドを貶めるつもりはないんだ。Whitneyはここ数年でもお気に入りのバンドだし、彼らにどうやってあんなことができたんだろう!? 2009年について。7年前に起こった、新しい何かについてノスタルジックになるなんて皮肉だよね! それ以降にも新鮮で、ブッ飛ばされるような音楽はたくさんあったような気がするよ。違ったシーンやジャンルでね。だけど同時に、たくさんの人たちがスレッドで言っていたように、革新がすべてではないんだ。感情は本当に永遠で普遍的で、それこそが音楽の核だよね? これからは45年流の、反抗的で新しいメッセージを持った、古い伝統的な形式が力を持っていくような気がするよ!


一連のDave Longstrehの発言からは、現在のインディー・ロックを貶めているわけではなく、自分の出自がそこにあるからこそ、それが大衆化し、使い古されてしまったことを嘆いているような印象を受けます。果たしてDirty ProjectorsやFleet Foxesの新作は、そういった状況に対する答えとなっているのでしょうか? 期待しましょう!

Posted by Monchicon
FEATURES / 10:00 / comments(0) / trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://monchicon.jugem.jp/trackback/2160
TRACKBACK