ALBUM OF THE WEEK
*
Tara Jane O'neil



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
<< [FEATURE] 10 Albums You Might Have Missed in 2015 part 4 | main | [FEATURE] Monchicon's 10 Best Albums of 2015 >>
[FEATURE] 10 Albums You Might Have Missed in 2015 part 5


残り物には福がある! というわけで、ほとんどの人が箸をつけなかった2015年の隠れた逸品10選、最後の2枚をどうぞ!


9. Diane Coffee - Everybody’s Good Dog (Western Vinyl)

Foxygenのツアー・ドラマーで、Run The Jewelsのアルバムにも客演していたShaun Flemingによるソロ・プロジェクトのセカンド。十代の頃はディズニー・アニメの声優だったというだけあって、一瞬Beatlesの「Here There and Everywhere」と聴き間違えそうになる冒頭の「Spring Breathes」や、Smokey Robinsonそっくりな「Down With The Current」でのなりきりっぷりはさすがの一言。デュエットを聴かせる名エンジニアJimmy Douglassの愛娘、Felicia Douglass(Ava Luna)も助演女優賞モノの名演だ。レーベルの先輩でもある元Fleet FoxesのJ. Tillman=Father John Misty(キツネ繋がり)にも通じるトリックスター的な佇まいで、今後大化けする可能性もアリ。



10. King Cyst - King of New York (Underwater Peoples)



おもちゃが歓ぶ…不気味に。Big Troubles〜DucktailsのベーシストだったLuka Usmianiによる、まさにKevin AyersミーツSyd Barrettなカンタベリー風ロック作。長髪の佐藤二朗みたいな本人のルックスが災いしたのか日本ではまったく話題にならなかったが、実はこれが2作目で、プロデュースはOneohtrix Point NeverやAutre Ne Veut作品で知られるAl Carlson。参加メンバー的にもDucktailsの前作『The Flower Lane』路線を引き継いだプログレッシヴ・ポップで、笑い声で始まる1曲目と、変拍子にサックスが絡む2曲目のジャズ・ロックで卒倒必至。Elvis Presley(=キング)が死んだ翌日の『The Sun』誌をパロったジャケットといい、聴く度に謎の深まる怪作だ。

Posted by Monchicon
FEATURES / 23:17 / comments(0) / trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://monchicon.jugem.jp/trackback/2116
TRACKBACK