4月7日に早くも新作『What For?』をリリースすることが決定している文豪系眼鏡男子、Toro Y MoiことChaz Bundick。

そんなトロちゃんの自主レーベルであるCompanyから、自身の別プロジェクトであるLes Sinsに続く新人アーティスト、Keath Meadがデビューします。
「Keathは(地元)サウスカロライナの友達だよ。ある時別の友達の家で彼がギターを弾いているのを聴いて、ちょうど僕が部屋を出ようとした時に彼が入ってきたから、連絡してくれるように言ったんだ。それをきっかけに彼がバークリーに来て、一緒にレコーディングをするようになったんだよ」(トロ)

とのことで、2月24日にリリースされるアルバム『Sunday Dinner』も、Chazがプロデュースを担当。もともとは昨年からbandcampで公開されていましたが、Companyの立ち上げに伴い、晴れて公式リリースされることになったようです。

Chaz自身にとっても初のプロデュース作品となる本作、カリフォルニアのラジオ局KCRWのサイトで全曲視聴が始まっていますので、ぜひチェックしてみてください!


Keath Mead - Sunday Dinner (Company)

1. Waiting
2. Grow Up
3. She Had
4. Change
5. Settle For Less
6. Holiday
7. Where I Wanna Be
8. Quiet Room
9. Navy
10. Polite Refusal
11. So Close