アーティスト同士のコラボレートをテーマに、The NationalのBryce Dessnerが毎年地元オハイオ州のシンシナティで開催してきたフェスティバル、MusicNow。そのMusicNOWが今年で10周年を迎えることを記念して、過去のパフォーマンスから選りすぐったコンピレーション・アルバムが3月10日にBrasslandからリリースされることになりました。


アルバムの1曲目を飾るのは、Bon IverのJustin Vernon、MegafaunSharon Van Etten、そしてMatthew E White率いるFight the Big Bullらによるスーパー・グループ、“Sounds of the South”の「Trials, Troubles, Tribulations」。彼らの名前はアメリカの民俗音楽家、Alan Lomaxのフィールド・レコーディング集から取られたもので、この曲もLomaxが1959年に録音したE.C.Ballによるゴスペル・ソングのカバーです。


V.A. - Sounds of South


E.C. Ball & Lacey Richardson - Tribulations


アルバムには他にもFleet FoxesのRobin Pecknoldによるトラディショナル・フォーク「Silver Dagger」(Joan Baezでおなじみ)のカバーや、Sufjan Stevensの「The Owl And The Tanagar」とGrizzly Bearの「While You Wait For The Others」の初演、そしてSharon Van EttenのブレイクのきっかけとなったJustin Vernonによる彼女の代表曲「Love More」のカバーといった、貴重な音源が収録されている模様です。

White Antelope (Robin Pecknold) - Silver Dagger


Joan Baez - Silver Dagger


ちなみにこのMusicNOWは今年も3月11日から5日間に渡って開催され、Arcade FireのWill ButlerやCloud NothingsPerfume Geniusらが出演するほか、Sufjan StevensとNico Muhly、Bryce Dessnerの共作による太陽系の惑星をテーマにした組曲「Planetarium」も上演される予定。

Sufjan Stevens, Bryce Dessner, Nico Muhly - Planetarium


現代アメリカ音楽の潮流がわかるこのコンピ、必聴です!

V.A. - MusicNOW – 10 Years

1. Sounds of the South - Trials, Troubles, Tribulations
2. Robin Pecknold - Silver Dagger
3. Sufjan Stevens - The Owl & The Tanager
4. eighth blackbird - Omie Wise
5. My Brightest Diamond - I Have Never Loved Someone
6. Dirty Projectors - Emblem Of The World
7. Tinariwen - Imidiwan Ma Tenam
8. Tim Hecker - Chimeras (Live) 2011
9. Colin Stetson - Nobu Take
10. Owen Pallett - E Is For Estranged
11. Erik Friedlander - Airstream Envy
12. Bonnie 'Prince' Billy - Love Comes to Me
13. Grizzly Bear - While You Wait For The Others
14. The Books with Clogs - Classy Penguin
15. Andrew Bird - Section 8 City
16. Justin Vernon - Love More