このたび、Disk UnionからMonchicon!セレクトのアルバムを帯・ライナーノーツ付でリリースする新シリーズ「モンチコンのインディ・ロック・グラフィティ」がスタートします。第1弾はこの男…Mac DeMarcoです!
ロマンチックな男は馬鹿げて見えるものなのだ。それでいいのだ。改善狂の世の中でひとり、彼は他とは異なるアップデートの価値観を見出そうとしているだけだ。一見呑気に、時に退廃的に鳴らされ、切り取られたサラダ・デイズ。とても甘くて、素敵。
――― 夏目知幸(シャムキャッツ)


サインはV(ヴァイスロイ)! フェニックスの前座に抜擢されたカナダのノンシャランなスキッ歯ロッカー、ついに日本デビュー!

お尻の穴にドラムスティックが刺さったライブ動画をお母さんに見られて「近所に迷惑かけてごめんなさい」と謝り(「Freaking Out The Neighborhood」)、安物のタバコを「死ぬまで吸ってやるもんね」と嘯き(「Ode To Viceroy」)、何かというとすぐ裸になりたがる男、マック・デマルコ。 Wild NothingDIIVで知られるCaptured Tracksからリリースされた前作『2』でブレイクすると、世界各地のフェスティバルに引っ張りだことなり、あのTyler The Creatorとのコラボも噂されるなど、今もっとも旬な男だ。本作はそんな彼が思春期(サラダ・デイズ)に別れを告げるちょっぴりおセンチな最新作で、本人はThe KinksModern Lovers、そしてYMO(!)からの影響を語っている。


マック・デマルコ『サラダ・デイズ』
2014年4月9日(水)発売予定
日本盤のみ歌詞対訳&マック・デマルコ本人へのインタビュー付!

1. Salad Days

2. Blue Boy
3. Brother

4. Let Her Go

5. Goodbye Weekend

6. Let My Baby Stay

7. Passing Out Pieces

8. Treat Her Better

9. Chamber of Reflection
10. Go Easy
11. Johnny's Odyssey





Mac DeMarco | Let My Baby Stay [a short film recorded at 180 Creative Lab] from Canal180 on Vimeo.