「戦友、気の合う仲間・・・まぁなんとでも呼んでくれ。ここには永遠に続く固く結ばれた絆があったんだ。LoopとGodfeshはあるべきところに戻ってきたのさ」(Loop)

Spacemen 3, My Bloody Valentineと並ぶ80年代後期UKサイケ御三家のひとつだったRobert Hampson率いるLoop。昨年まさかの再結成を果たし、ライヴを精力的におこなっているようですが、なんと盟友であるJustin K. Broadrick率いる「重低音圧搾機」ことGodfleshとの2マン・ギグをロンドンのHeaven VenueにてATP主催で6月4日と5日におこなうそうです。

昨年はRobertがGodfleshのライヴにギターで参加したりしていましたが、二つのバンドとして両者がステージを共にするのは約20年ぶり! 仲が良すぎて互いの曲をカヴァーし合いっこしたシングルも出していた二組のサイケ&ヘヴィな同窓会を祝いましょう!(そして日本にも来て!ていうかJustinの現在のメイン・ユニットJesuは7月に「Leave Them All Behind 2014」で来るけどね!)

「Godfleshの活動初期の最高の思い出のひとつは、人気絶頂だったLoopがUKツアーに我々を前座として迎えてくれたことだ。当時はデビュー・アルバム『Streetcleaner』がリリースされたばかりで、バンドの活動を本格化させようとしていた頃だった。そんな時にLoopは扉を開いて、公衆に我々を紹介してくれたんだ。これがふたつのバンドの間の永遠の絆を築き上げたのさ。そして、ついに再び我々はステージを共にする。どちらも再び実現すると思っていなかった出来事だ。だから、この再会をアナウンスできるのはとてつもない喜びだよ」(Godflesh)

なお、Loopは今春に開催されるAUSTIN PSYCH FESTPrimavera Festivalにも出演が決定しております。

ATP Interviews Robert Hampson from Loop, September 2013



Loop live in Italy 2013



Godflesh - I Wasn't Born To Follow || live @ 013 / Roadburn || 20-04-2013



Loop - From Centre To Wave