The NationalのAaron Dessnerがプロデュースした前作『Tramp』でブレイクを果たしたシンガー・ソングライターのSharon Van Ettenが、最新作となる『Are We There』を5月27日にJagjaguwarからリリースします。

ツアー・バンドのメンバーであるHeather Woods Broderick、Doug Keith、Zeke Hutchinsとレコーディングされた本作には、Heatherの兄でもあるPeter BroderickShearwaterのJonathan Meiburg、TORRESことMackenzie Scott、Lower DensのJana Hunter、The War on DrugsのAdam GranducielとDave Harleyらが参加。Kurt VileThurston Mooreの作品で知られるMary Lattimoreがハープを弾いているそうです。

Sharonがセルフ・プロデュースを手掛けたという、自信に溢れた本作。冒頭の「Afraid of Nothing」は、The Nationalの「Afraid of Everyone」への回答なのでしょうか? 現在レコーディング風景を撮影したトレイラー映像が公開されているので、こちらを見ながら楽しみに待ちましょう!



Sharon Van Etten - Are We There (Jagjaguwar)

1. Afraid of Nothing
2. Taking Chances
3. Your Love is Killing Me
4. Our Love
5. Tarifa
6. I Love You But I'm Lost
7. You Know Me Well
8. Break Me
9. Nothing Will Change
10. I Know
11. Every Time the Sun Comes Up

Sharon Van Etten - NEW SONG "Love is killing me" (live in Paris 1st oct. 2012)


Sharon Van Etten - Tarifa (Live on KEXP @Pickathon)