メガネ・パワポの由緒正しい血筋を引き継ぐシアトルのMichael Lernerのソロ・ユニットTelekinesisがもうすぐ4月2日に3作目となる新作『Dormarion』をMergeよりリリースします。早速先行でアルバムから「Ghosts and Creatures」のヴィデオが配信されているのでご覧ください。

Telekinesis - Ghosts and Creatures


コンピューター・ラヴな映像と音を聴くとシンセポップの影響が感じられますが、実際、何でもOMDのアルバム『Dazzle Ships』に強い影響を受けているそうです。あと、New Orderも聴きまくっていたとか。

また、本作のプロデュースはSpoonのドラマーJim Eno!!!の新作も手がけてますね)が担当しているのですが、マイケルは16歳の頃に『Kill The Moonlight』の「Jonathon Fisk」に合わせて自分の部屋でドラムを叩きまくっていたそうです。若かりし頃のヒーローと一緒にレコードを作るという夢がかなったMicheal君、ご満悦なご様子。

というわけで、「Spoon meets OMD」(?)なアルバムになりそうな新作、注目です!(アルバムの全曲試聴も始まってます)

Telekinesis - Dormarion (Merge)

1 Power Lines
2 Empathetic People
3 Ghosts And Creatures
4 Wires
5 Lean On Me
6 Symphony
7 Dark To Light
8 Little Hill
9 Ever True
10 Island #4
11 Laissez Faire
12 You Take It Slowly


■おまけ小ネタ

・タイトルのDormarionここのこと?

・ちなみにMorr Music盤はジャケ違い

・あと、ここのインタビューによるとレコーディング中に婚約したそうです。Congratulations!


■Spinでのアコースティック・セッション

Telekinesis - Symphony



Telekinesis - Lean On Me



Telekinesis - The Concept(Teenage Fanclub Cover)