ALBUM OF THE WEEK
*
Turn Out The Lights


Screen Memories



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
<< [ちょっといい話]Neil Finn、Flying Nunを救う | main | The National、都内でのアコースティック・セッションの模様を公開! >>
The Depreciation GuildのJ-Pop Appreciation Guide (その2)

photo by Yuki Sakamoto

お待たせしました! The Depreciation Guild/Pains of Being Pure at HeartのKurt Feldmanによる、J-POP偏愛ディスク・ガイドの第2弾。大反響を頂いた前回に続き、今回も飛ばしております!

Cymbals - Anthology (2003)

このアルバムはすごくエキサイティングで、アップビートで、聴きながら思わず目尻を下げずにはいられないよ。すごくジャジーで高揚感があって、可愛らしい吐息のようなヴォーカルとメロディックなベース・ラインを持った、60年代風のサンシャイン・ポップ。僕は最近、シンバルズのベーシストで、メイン・ソングライターでもあった沖井礼二さんとも日本で会ったんだ。彼は今“FROG”っていう新しいプロジェクトをやっていて、そっちもすごくオススメだよ。僕の好きな曲は「Rally」と「My Brave Face」だね。


Dip In The Pool - Silence (1986)

これはとても美しくて淡いエレクトロニック・アルバムで、1986年にUKのラフ・トレードからリリースされたんだ。途切れ途切れの点描画のような曲がある一方で、その他の曲では主にシンセ・パッドを使って、伝統的な響きのする日本の楽器や、シンコペートされた、変則的でミニマルなドラム・パッドと重ね合わせている。僕がアルバムの中で好きな曲は「Rabo Del Sol」だね。
(編注:手塚眞監督の『白痴』などで知られる女優/モデルの甲田益也子と、作曲担当の木村達司によるデュオ)

MySpace - The Depreciation Guild
Fastcut Records(日本でのリリース元)
Posted by Monchicon
FEATURES / 05:17 / comments(0) / trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://monchicon.jugem.jp/trackback/1144
TRACKBACK