ALBUM OF THE WEEK
*
Anne



Categories
*
Selected Entries
Bookmark
Search This Site
Others
[FEATURE] 寛容と共存〜Pinegroveと新作『Skylight』について


重なり合う、2つの四角形。ニュージャージーのロック・バンド、Pinegroveが2016年にリリースしたアルバム『Cardinal』のジャケットを飾るそのシンボルは、“寛容と共存”を意味しているという。

彼らが紡ぎ出すオルタナティヴ・カントリー風のサウンドに乗せた優しいメロディと、エモーショナルな歌声はすぐに熱狂的なフォロワーを生み出し、SNS上にはアルバムと同じデザインのタトゥーを入れた写真や、彼らの曲をカバーした動画をアップするファンが溢れ返っていた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 11:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] Our Favorite Songs of 2018 (So Far)


早いもので今年も半分が過ぎ、たくさんの名作が生まれましたが、ついつい聴き逃している作品も多いのではないでしょうか? そこで今回は上半期のリリースの中から、モンチコンが選ぶ隠れた名曲、そこまで隠れていない名曲をご紹介したいと思います。

新たな音楽探しの参考に、午前3時までの暇潰しにご利用ください!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 23:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] HoopsのKevin Krauter、シティ・ポップを語る


昨年ファースト・アルバム『Routines』をリリースしたインディアナ州ブルーミントンのバンドHoops。そのメンバーでもあるKevin Krauterが、Beach FossilsのDustin Payseurが主宰するレーベルBayonetから、6月15日にファースト・ソロ・アルバムとなる『Toss Up』をリリースする。

7人兄弟の大家族に生まれ、兄の影響でSimon and Garfunkelを聴いていたという彼のルーツが伺えるフォーキーな『Magnolia』、ブラジル音楽に影響を受けた『Changes』という2枚のEPに続いてリリースされるこのアルバムは、Frank Oceanの『Blonde』を筆頭に、山下達郎や大貫妙子といったジャパニーズ・ポップスも参考にしているという。

一体彼は何者なのか? 気になったのでメールで本人に質問してみた。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 23:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[SONG OF THE DAY] Gang Gang Dance - J-TREE


10月に開催される4ADのレーベル・ショーケース・ライヴ『Revue』で、Deerhunterと共に来日が決まったニューヨークのバンドGang Gang Dance。Animal Collectiveの盟友としても知られる彼らが6月22日にリリースする7年ぶりの新作『Kazuashita』から、先行曲となる「J-TREE」が公開されています。

Jose GonzalezもカバーしたThe Knifeの「Heartbeats」を思わせるこの曲の後半で、なにやら男性の語り声と歓声が聴こえてくるのですが、これは一体何を意味しているのでしょうか? 実はこの曲には、ネイティヴ・アメリカンをルーツに持つヴォーカリストLizzy Bougatsosの、熱い想いが込められていました。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 10:30 / comments(0) / trackbacks(0)
[SONG OF THE DAY] Okkervil River - Famous Tracheotomies


インディー・ロックきっての詩人Will Sheff率いるオースティンのロック・バンド、Okkervil River。4月27日にリリースされる彼らの最新作『In the Rainbow Rain』から、冒頭を飾る「Famous Tracheotomies」のリリック・ビデオが公開されていますが、この曲のエンディングで、なぜかThe Kinksの代表曲である「Waterloo Sunset」のメロディが引用されています。一体どんなことを歌っているのでしょうか? 

気になって調べてみたところ、彼とアーノルド坊や、モータウンの歌姫メアリー・ウェルズ、詩人のディラン・トーマス、そしてKinksのレイ・デイヴィスの、意外な共通点が判明しました。
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 00:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] Monchicon's Best Albums of 2017 (5-1)


街も深い眠りに入り
今年もまた 一年が終わろうとしています
昼の明かりも闇に消え
夜の息遣いだけが聞こえてくるようです
それぞれの想いをのせて過ぎていく
このひととき
一年のエピローグ

モンチコンの2017年、ベスト5の発表です
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 18:00 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] Monchicon's Best Albums of 2017 (10-6)


モンチコンが選ぶ2017年のベスト・アルバム、続きまして10位から6位までの発表です!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 19:01 / comments(0) / trackbacks(0)
[FEATURE] Monchicon's Best Albums of 2017 (20-11)


今年も残すところあとわずか! 毎年恒例の年間ベスト10の前に、まずは20位から11位までの発表です! そういえばこんなことあったな〜と、思い出しながらご覧ください!

続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 21:12 / comments(0) / trackbacks(0)
[SONG OF THE DAY] Alex Cameron - True Lies


Future Islandsの野獣ヴォーカリスト、Samuel T. Herringにもすっかり慣れてしまった贅沢な我々の前に南半球から現れた新たなイケメン風爆弾野郎(マイトガイ)、それがオーストラリアはシドニー出身のAlex Cameronです。

先日Secretly Canadianからリリースされたアルバム『Forced Witness』は、WhitneyやLemon Twigsで知られるFoxygenのJonathan Radoがプロデュース。Angel OlsenWeyes BloodことNatalie Meringもゲスト・ヴォーカルで参加し、Bruce Springsteenの『Born To Run』の全曲カバーに挑戦していたJonathanの研究の成果が伺える、熱気ムンムンの暑(苦し)いハートランド・ロックになっております。

そんな『Forced Witness』の5曲目に収録されているのが、今回ご紹介する「True Lies」。愛するガールフレンドがいるAlexですが、実は彼には、彼女に言えない秘密がありました。さて、その秘密とは…?

バイきんぐのコントを思わせる衝撃の結末を、震えながら聴け!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 21:10 / comments(0) / trackbacks(0)
フリーペーパー『CON-TEXT』最新号のお知らせ


というわけで、長い前置きと若干の作業の遅れを経て、フリーペーパー版『CON-TEXT』の最新号が発行されます!

表紙を飾るのは、病的にポップな新作『MASSEDUCTION』も好評なSt. Vincentと、デュエット・アルバムをリリースしたCourtney Barnett & Kurt Vile

さらには12月に来日が決まったJapanese Breakfastと、ソロ・デビューを果たした元Vampire WeekendのRostamへのインタビュー、さらにはKing KruleMoses SumneyJulien BakerZola JesusAlex Laheyといった注目アーティストも紹介してします。

『CON-TEXT』は、今週末から週明けにかけて全国の主要レコード店で配布予定。「うちにも置きたい!」というお店の方がいれば、monchicon@gmail.comまでご連絡ください!
続きを読む >>
Posted by Monchicon
FEATURES / 21:12 / comments(0) / trackbacks(0)