[INTERVIEW] Pinegrove



ニュージャージーのロック・バンド、PinegroveがRough Tradeからリリースするニュー・アルバム『Marigold』のリード・トラックだった「Moment」では、ドライブの帰り道で動物を跳ねてしまい、狼狽する主人公の姿が歌われている。そしてアルバムの実質的なラスト曲である「Neighbor」に登場するのは、裏返っても立ち直ろうとする小さな昆虫や、家の前で車に轢かれてしまうフクロネズミ、冬越えをする途中で猟師に撃たれてしまう渡り鳥といった、愛すべき隣人たちだ。

奪う者と奪われる者、両方の視点から描かれた本作。バンドを取り巻く環境は変わったが、女性メンバーのNandi Plunkettのコーラスも、メンバーの父親が弾くペダル・スチールの優しい音色も、変わらずそこにある。黄色と青のモザイク模様のアートワークは、青の時代とも言える前作『Skylight』から、Pinegroveの原点であり、黄色いジャケットに包まれた初期音源集『Everything So Far』に回帰しようとしているかのようだ。

彼らのひとつのサイクルの終わりでもあり、始まりでもあるこのアルバムについて、フロントマンのEvan Stephens Hallが語ってくれた。


Continue Reading

[FEATURE] Monchicon's Best Albums of 2019



例年にない豊作だった2019年。その中からモンチコンが選んだ20枚のベスト・アルバムは、思いのほか海外のランキングとの親和性が高いものになりましたが、そのほとんどがサイトで紹介してきた作品なので、読者のみなさんにも納得してもらえるのではないでしょうか。なかには既に来日が決まっていたり、来日が噂される(?)アーティストもいるので、来るべき2020年を楽しみにしながら、今年を振り返ってみることにしましょう。

それではよいお年を!

Continue Reading

[INTERVIEW] Peter BroderickとTom Lee、Arthur Russellを語る



「多くの作品に見られる、フィナル・ミックスに対するラッセルの消極性は、どことなく美しさを感じさせるものである。演奏、収録、そしてミキシングは可能性の過程であり、すべての道程は抗い難い誘惑を伴っていたためにファイナル・ヴァージョンを決定するという作業──その曲が静止し、故にある種の死を経験する瞬間──はしばしば堪え難いほどに辛いものだった」(ティム・ローレンス著『アーサー・ラッセル ニューヨーク、音楽、その大いなる冒険』より)

ニューヨークを拠点に、現代音楽とニューウェーヴ、ディスコやカントリーを股に掛けた活動を続けたチェロ奏者のArthur Russell。しかしそんな気質が災いしたのか、1992年にエイズでこの世を去った後、彼の部屋には生前リリースされることのなかった、膨大な量のデモ・テープが遺されることになった。その未発表音源は、Tommy BoyのスタッフだったSteve Knutsonが設立したAudika Recordsによって管理され、これまで数作の発掘音源集としてリリースされてきたが、この度その音源の調査と修復を依頼されることになったのが、Arthur Russellの大ファンを自認するヴァイオリン奏者/シンガー・ソングライターのPeter Broderickだ。

それに先駆け、今年の1月にはPeterがArthurの楽曲をカバーした『Peter Broderick & Friends Play Arthur Russell』もリリースされたが、そこでいち早く取り上げられていた「Words Of Love」と「You Are My Love」の2曲を含む新たな未発表曲集『Iowa Dream』が、ここ日本でもリリースされることになった。そんなArthurについて、かつて彼のアルバム『World Of Echo』をリリースしたRough TradeのGeoff Travisはこう語る。

「繰り返し完成を先延ばしすることで、アーサーはいつの日か主流アーティストの仲間入りをする夢を抱き続けることができたのだろう」(同上)

Arthur Russellが抱き続けた夢とは、一体どんなものだったのだろう。『Iowa Dream』の音源の修復、編集とミックスを手掛けたPeterと、Arthurの生前最後のパートナーだったTom Leeが、プロジェクトについて語ってくれた。


Continue Reading

[INTERVIEW] Angel Olsen

photo by Cameron McCool

今から数年前、ミュージシャンとしての駆け出し時代を過ごしたシカゴから、恋人を追ってノースカロライナ州アッシュビルへとやってきたAngel Olsen

作家のトーマス・ウルフが生まれ、スコット・フィッツジェラルドの妻であるゼルダが入院したハイランド病院があるこの土地をAngelはいたく気に入っていたが、そんな彼女は前作『My Woman』のリリース後に“ほとんど離婚に近い状態だった”という別れを経験し、その経験をもとに完成したのが、最新作となる『All Mirrors』だ。

本作は当初簡素な弾き語りバージョンと、オーケストラをフィーチャーしたバージョンが対になった2枚組としてリリースされる予定だったが、Angel本人の意向から、まずはオーケストラ・バージョンのみがリリースされることになった。アルバムのオープニングを飾るのは、“まるで家が燃えているように聴こえる”というストリングスで始まる、壮大な「Lark」。この曲で幕を開けることで、本作は聴き手に、エンドシーンから始まる映画のような印象を与えてくれる。

そんなAngelはアッシュビルに留まり、昨年念願の一軒家を構えることになったが、彼女が住むことに決めたのは長年憧れていた瀟洒な豪邸ではなく、その向かいにある、慎ましやかな家だったという。それは鏡に映る自分と、本当の自分を対比したような本作のタイトルとも、奇妙に重なっていたのではないだろうか。すでに様々なメディアの年間ベストにも軒並み選出されているアルバムについて、電話で語ってくれた。

Continue Reading

[INTERVIEW] Metronomy


photo by Shinya Aizawa

新作『Metronomy Forever』を携え、サマーソニック'14以来5年ぶりの来日となったMetronomyの東京公演は、新旧譜から余すことなく演奏し、ライブ・バンドとしての彼らの集大成を見せた一夜だった。

新作のオープニング・ソングであるキラキラとした「Wedding」で幕を開け、同作からのファースト・シングル「Lately」に続いてバンドの代表曲である「The Bay」の美しいキーボードのイントロが始まると、観客席はダンスフロアへと変わった。途中、フロントマンのJoseph MountがMCで「日本の郊外にも行ってみたい、郊外や田舎の音を再現しよう」と呼びかけると、観客からは動物の鳴き真似が飛び交かい、ほんわかするような場面も。全員でパッと上を向いて宇宙と交信でもしているかのような(お揃いのジャンプスーツは宇宙服に見えなくもない)ダイナミックなシーンもあった。

ライブの後半ではキャッチーな「The Look」、叙情的な「Love Letters」といった彼らの代表曲の連発に、特に昔からのファンは、各々の当時の思い出と一緒にシンガロングしただろう。最後は“R.A.D.I.O. L.A.D.I.O.”と合唱の嵐。Metronomyよ、永遠に――と、バンドがステージを去った後も拍手が鳴り止まなかった。

そのライブ前、前作『Summer 08』から3年ぶりの新作について、Josephが語ってくれた。


Continue Reading

[特別寄稿] 来日記念:スーパーチャンクと私



いよいよ今週末からスタートする、Superchunkの8年ぶりのジャパン・ツアー。Arcade FireやSpoonなどを輩出し、今年30周年を迎えたインディー・レーベルMergeのオーナー、Mac McCaughan率いる最高のロック・バンドへの想いを、2009年のツアーにスタッフとして同行した山本徹さんに語ってもらいました。

この機会を逃したら8年見られないかもしれない待望のジャパン・ツアー、Superchunkのファンのみならず、インディー・ロック・ファンは必見です!

Continue Reading

[SONG OF THE DAY] Camp Cope - The Opener



現在来日中のオーストラリアの3人組、Camp Cope。もともとソロで活動していたGeorgia Maqのエモーショナルな歌声と、New OrderのPeter Hookに影響されたという、Kelly-Dawn Hellmrichのメロディアスな高音ベース・ライン、そしてパンキッシュなSarah Thompsonのドラムで、会場を大いに沸かせていました。

昨年リリースされたセカンド・アルバム『How to Socialise & Make Friends』収録の「The Opener」は、Pitchforkが選ぶ2010年代のベスト・ソングで52位にランクインされたことも話題になりましたが、一体どんなことを歌っているのでしょうか? 気になったので訳してみました。ツアーはまだ続くので、ピンと来た人はぜひ足を運んでみてください!

Continue Reading

[INTERVIEW] Richard Reed Parry


photo by Susan Moss

その始まりは、2008年にまでさかのぼる。Arcade Fireのジャパン・ツアーの後、日本滞在を延長したメンバーのRichard Reed Parryは、訪れた寺院のそばの森で、彼が17歳の時に亡くなった父親のフォーク・グループ、The Friends of Fiddler's Greenによく似た音楽を聴いたのだ。

その時の印象や、日本滞在中に偶然知ったという賽の河原の言い伝えをもとにスタートしたのが、彼のソロ・プロジェクトであるQuiet River Of Dust。昨年から今年にかけてリリースされた2枚のアルバムは、The NationalのDessner兄弟やNico Muhlyといったゲストが多数参加した、一大音楽絵巻になっている。

今月の27日(火)と28日(水)、チボ・マットの本田ゆかや、パートナーであるLittle ScreamことLaurel Sprengelmeyerを従えて来日公演を行うRichardに、プロジェクトの発端について聞いてみた。

Continue Reading

[INTERVIEW] Ruth Garbus



10年代にリリースされた数あるアルバムのなかでも隠れた名盤と呼ぶにふさわしいのが、Ruth Garbusの『Rendezvous with Rama』だ。フリー・フォーク・バンドFeathersや、King TuffことKyle ThomasやChris Weismanとのバンド、Happy Birthdayでの活動でも知られる彼女が2010年にリリースしたこのアルバムは、ミュージシャン仲間であるChris CohenやFleet FoxesのRobin Pecknoldらによって、秘かに愛聴されてきた。

そんな彼女が先日リリースしたのが、実に9年ぶりのニュー・アルバムとなる『Kleinmeister』。アヴァン・ジャズ・サックス奏者のTravis Laplanteとシンガー・ソングライターのRyan Powerを共同プロデューサーに迎えたこのアルバムについて、Ruthが姉であるTune-YardsのMerrill Garbusや、地元のバーモント州ブラトルボロへの想いを交えながら語ってくれた。

Continue Reading

[INTERVIEW] Devendra Banhart



2017年のムック『Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで』で、敬愛する細野晴臣との対談を果たしたDevendra Banhart。京都でレコーディングを始めたという彼の3年ぶりの新作『Ma』は、そんな細野さんへのオマージュでもある「Kantori Ongaku」ほか、日本語や英語、スペイン語、ポルトガル語が入り混じった、アダルト・オリエンテッドな作品になっている。

かつては数々の迷言・奇行でインタビュアーを煙に巻いてきたDevendraだが、今回はいつになくシリアス。身近な人たちの死や、母国ヴェネズエラの窮状について歌ったもっともパーソナルな作品だというニュー・アルバムについて、はぐらかさずに語ってくれた。

Continue Reading